男性

意表を突いた驚くべき宣伝方法|著作権フリーの音楽でコスト削減

サイト作成とフォーム

広告

企業においては、WEBサイトにフォームを設置しユーザーに入力を促すケースがある。その際、入力項目が多すぎたり、入力エラーになると入力を諦められる場合がある。それを無くす対策がEFOであり、顧客獲得においても重要になっている。

» 詳しく読む

ターゲットを絞った宣伝

2台のパソコン

学生向けに広告を出す場合、その場所や方法にも気を遣っていく必要があります。ターゲットをピンポイントに絞りこむこと、そして実績が多くノウハウを持っている業者を活用することが、宣伝効果を挙げる際に大切になってくるのです。

» 詳しく読む

対策方法を知る

電子機器

スマホの普及に伴い、企業の広告宣伝手法もサイトを利用したネット広告がメインとなってきています。しかし、その裏では誹謗中傷を受けることもあり、対策を考えなくてはいけません。その誹謗中傷の対策を専門としている業者にお願いすると、今後改善していくことは間違いないでしょう。

» 詳しく読む

ユーザーを囲う

WEB制作

登録率を一気に向上させる

インターネット上での戦略は、ワンクリックが勝負といわれています。せっかく広告を見て入り口に入ってくれたユーザーがいても目当ての商品を見つけられずに離脱してしまうことは非常にもったいないことです。そのため広告リンクからワンクリックで商品の構成を一目でわかるページに飛ぶことが理想なのです。そのページがランディングページです。すでにランディングページは販売ページです。後はユーザーフォームに必要項目を入力すれば商談成立するだけなのです。ユーザーが他のサイトに逃げないようにするためにはニーズを引き出した段階で商品の大々的な説明を行うのが最も効率が良い方法なのです。そのためこのようなリンク先にはランディングページが準備されていることが多くなっているのです。

リンク先の選定は重要

ランディングページの特徴は他へ逃げるリンクが存在しないことです。すでにそのページで後はコンバージョンしてもらうだけが目的になりますので、これ以上のページ遷移は必要ないのです。ニーズがあるユーザーであれば、意味がありますが、全くニーズのないユーザーであれば、リンクがないためそこで終了となってしまいます。そのためリンクしてくるユーザーがどれだけニーズを持っているかがポイントになります。少しだけ興味を持っているユーザーであれば、多様な商品を紹介するトップページに誘導するほうが効果的になります。そのためリンク先をランディングページにするか他のページにするかは広告掲載しているサイトのユーザー利用状況を分析しつつ判断する難しさはあります。ランディングページには動画を設定することも可能です。著作権フリーの音楽を使用するなどして、自社で宣伝になるような動画を制作ランディングページに貼り付けるのです。使用する音楽は著作権フリーのものを使えば時間とお金をかけずに宣伝動画を作ることができます。意表を突いた驚くべき宣伝方法をしていきましょう。